ときどきドキドキArt

時々の心に残る風景を綴りたいと思います。

ついにきたか〜

母の認知を確信しました。。。たぶんレビーかも


前々から物忘れはあるし、動かないし、面倒くさがるしで、こんなんじゃ来年あたりは状況が悪くなっているのではないかと、兄と話しをしたりしてましたが・・・。
母は90歳。寝たきりではないが、腰の手術後の違和感やら膝の痛みをこらえて過ごしてはきた。父と違って自分に甘い人なので何かにつけ緩い方を選ぶ。そりゃそんな年齢だものね。。


数日前から幻視があり、家の中に人が居るとか言いはるのです。夜遅くに失礼じゃない!? とか、テレビに自分の家の台所が映っているのだけど、なんで!? とか。
一日で消えるかと思いきや、昨夜も人が来てたけど連日来るなんて迷惑ね とか言う。


ついにお出でなすったかー !!!


最近 普通に過ごしていたから気に留めていなかったけど、思い返してみるとレビー小体型認知症の症状に当てはまることが多々ある。。 うっかりしてた。。


昨日も仕事を終え、バタバタ実家に駆けつけ、「さあ今日は病院の予定だったよね」
と言うと、何の事?と言わんばかりにまったりと遅いお昼ご飯を食べている。
「病院行く予定でしょ」
「気分が良くないから行かないよ」 
また予定通りに進まないのか〜と内心思いながら、さてと困ったなあ早く病院に連れて行きたいのだけど。。と、少々イライラしそうな気持ちを抑えつつも、母の様子を窺いながら考えたら、結局先送りにする事にした。 なんだかな〜。。 昨日シャワーして洗髪してさっぱりさせたから出かけるには躊躇しないかと思ったのになあ。。


介護と聞くと壮絶な生活であったり、うまく付き合っていくしかないと割り切ったりの話しを聞くが、さて、これからどのような生活がまっているのやら。。
ただ、同居している兄のほうがいつも大変ではある。私はずっと一緒にいるわけではないから気持ちの逃げようがあるが、なるたけ協力してやっていかないとなぁ。。。


で、結局この日は気分転換をさせようとドライブを提案したら出かけるというので、一時間ほどぷらぷら外の景色を見ているうちに少しは意欲がでてきたようでした。次は海岸に行きたいね〜 というのです。 笑


私としては、理由をつけては病院に行きたがらない母を早く連れていかなくてはと焦るのですが。。^^;