ときどきドキドキArt

時々の心に残る風景を綴りたいと思います。

クーちゃんの命日 

なんという事でしょう!!
先月は我が家のクーちゃんの命日だったのに、すっかり忘れていた。。
ごめんね〜クーちゃん。
長女は覚えていたと言うけど  だったら教えてくれよぉ〜 ^^;
母は忙しいのじゃよ。


ブログでも多くの愛犬の話題に、ついつい引き寄せられる。
楽しそうでいいなぁと微笑ましく思える。


15歳まで生きたけど、晩年は苦しかったろうから、思い出すと後悔の念ばかりがある。
13歳くらいの時に身体に変調が出はじめた。散歩中に失神してしまったのだ。あの時はパニクってしまったー。
お医者によるとフィラリアの症状ではあるが、検査にはハッキリ出てこないと言う。
お薬が効いてか静かに過ごすが、散歩には必ず行きたがる。
でも、散歩の途中で失神すること数ヶ月のうちに何度あったろうか。
その度に「クーちゃん 大丈夫だよ、お母さんがついてるからね。」と身体をなでながら声をかける。ドキドキドキドキ。このまま死んじゃったらどうしよう等と考えるも、
「クーちゃん大丈だよ。。大丈夫だよ。。」と声をかけ続ける。
すると、数分するとむっくり起き上がり歩こうとする。
いやいや、それはいかんでしょ。怖いよ。
重たい身体を抱きかかえ家に戻る。


食欲はあるし、散歩も行きたがる。


あの頃は本当にナイーブな心境だったなぁ。。。
でも、偉かったね クーちゃん。 最後まで凛としてた。



天国に召されたクーちゃん、あの砂浜を走り周ってるだろうか。。。^^