ときどきドキドキArt

時々の心に残る風景を綴りたいと思います。

和田英作展

「和田英作展」
しっかり堪能してきました!見応えありました!
富士と薔薇の絵を期待して行きましたが、なんて不勉強なこと・・^^;
知らない絵がいっぱい。


絵ってやっぱり目の前で見るに限りますね〜。


血管もわかる血色のいい手。
画集ではそこまで気づくだろうか?
否!ちょっとわからないかも!


額縁にも興味津々。。。^^;


そして、持って帰りたい絵をセレクト。
いえ、お気に入りの絵を見つけました。(笑)
心奪われたのは、華やかなな薔薇の絵でも代表作でもなく、F6号くらいの小さい絵。
黄昏時の色が黄金色(こがねいろ)に見えそうな風景画。


以前、夕方の散歩どきに黄金色の道を歩いた記憶が蘇りました。
夕陽が並木の横から差し込んできて、それがなんとも言えないくらいにハッとする色味。
まさにこがね色なんです。


そういう景色に出会った事ありません!?








美術館の外にある看板をズームして撮る。^^


ああ〜 絵画展 明日で終わりなんだ。。。。
せめて、もう一度観に行こうと思ってたのに・・・・残念。


でも、この絵画展 記憶にとどめておきます。